PR

 東京ガスは2019年12月19日、オーディオブックの制作・配信を手がけるベンチャー企業オトバンクと共同開発した絵本読み聞かせアプリ「みいみ」の提供を始めた。アプリにはプロの声優やナレーターによる朗読が録音されており、大人が読み聞かせなくても子供1人で絵本を楽しめる。

絵本の読み聞かせアプリ「みいみ」のイメージ
絵本の読み聞かせアプリ「みいみ」のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリには、登場人物のセリフの一部を自身で吹き替えて遊ぶ機能も備える。「セリフの吹き替えによって、お子さんに表現することの楽しみを知ってもらう狙いがある」(オトバンク)。

 まずは講談社の「はなちゃんのみそ汁」や「レッツとネコさん」など人気の絵本を中心に約50作品を用意する。コンテンツは順次増やしていく。

 利用料は月額500円で、申し込みから1カ月間は無料で使える。今後は録音データの容量を増やし、子供の声をデータとして保存し成長記録として楽しむ「音のアルバム」機能の実装を目指す。