PR

 NTTデータは2019年12月19日、ライフデータイニシアティブと連携して、電子カルテを含む詳細な医療情報を収集・匿名加工して提供する「匿名加工医療情報作成事業」を2020年1月6日に開始すると発表した。これまで利用が進んでこなかった医療情報を、研究者や自治体、製薬企業などへ提供することが可能になる。

次世代医療基盤法に基づく認定事業全体像
次世代医療基盤法に基づく認定事業全体像
(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータとライフデータイニシアティブは、2019年12月19日に「次世代医療基盤法」に基づく認定を初めて取得した。ライフデータイニシアティブが「認定匿名加工医療情報作成事業者」の認定を取得し、匿名加工医療情報作成において法律で定める管理業務や利用目的などの審査を実施する。NTTデータは「認定医療情報等取扱受託事業者」の認定を取得し、匿名加工医療情報を作成する業務の委託を受けてシステムの維持・運用をする。電子カルテ情報に加え、将来は画像情報などへと段階的にサービスを広げていく。

 次世代医療基盤法の正式名称は「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律」で、2018年5月11日に施行された。患者が拒否しなければ、国が認定する事業者が医療情報の提供を受け、匿名加工のうえ研究機関や企業に提供することが可能になった。医療情報を活用した新たな治療法や新薬、革新的な医療機器開発の促進など、さまざまな可能性を秘めている。認定事業者は、高い情報セキュリティーを確保し、十分な匿名加工技術を持つといった一定の基準を満たしていることが条件とされる。