PR

 住友商事、インターネットイニシアティブ(IIJ)およびケーブルテレビ5社、地域ワイヤレスジャパン(RWJ)は2019年12月24日、ローカル5Gの活用を目的とした無線プラットフォーム事業展開のための新会社グレープ・ワンを立ち上げたと発表した。

 ケーブルテレビ5社は、ZTV、愛媛CATV、秋田ケーブルテレビ、ケーブルテレビ、多摩ケーブルネットワークの各社。RWJは、ケーブルテレビ業界の無線事業推進会社として活動しており、50を超えるケーブルテレビ事業者が出資している。グレープ・ワンは、日本ケーブルテレビ連盟と連携し、2020年3月以降にケーブルテレビ事業者向けの各種サービスを提供開始する。

 グレープ・ワンは、ケーブルテレビ業界向けに、無線サービスにおける基幹システムとなる無線コアネットワークを構築し、回線サービスを提供する。また、基地局や端末の販売・運用・保守などを組み合わせて総合的にサービスを提供することで、ケーブルテレビ事業者の設備投資や運用面での負担軽減を図る。将来的には、ケーブルテレビ業界以外の企業や自治体向けにサービス拡大を目指す。

 グレープ・ワンに出資する住友商事、IIJ、ケーブルテレビ各社、RWJは、グレープ・ワンを介した無線プラットフォーム事業の展開を通じて、ローカル5Gの普及・拡大や、ローカル5Gを活用した地域課題の解決および地域創生への貢献に取り組む。