PR

 東芝デバイス&ストレージは、卓上IH調理器、IH炊飯器、電子レンジなどの調理家電に向けた+1350V耐圧のIGBT「GT20N135SRA」を発売した(ニュースリリース)。特徴は、+100℃におけるコレクター-エミッター間飽和電圧(VCE(sat))と、ダイオードの順方向電圧(VF)を低減したことである。コレクター-エミッター間飽和電圧(VCE(sat))は同社従来品に比べて約10%小さい+1.75V。ダイオードの順方向電圧(VF)は同社従来品に比べて約21%小さい+1.8Vである。「このため、+100℃の高温時における導通損失を低減でき、今回の新製品を搭載した機器の省電力化に貢献する」(同社)という。

調理家電に向けた+1350V耐圧のIGBT。東芝デバイス&ストレージの写真
調理家電に向けた+1350V耐圧のIGBT。東芝デバイス&ストレージの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか2つの特徴がある。1つは、接合部とケース間の熱抵抗を同社従来品に比べて約26%低い0.48℃/W(最大値)に抑えたことだ。今回の新製品を搭載した機器の放熱設計の難易度を下げられるという。もう1つは、起動時に発生する強震コンデンサーの短絡電流を抑制したことである。短絡電流のピーク値は、同社従来品に比べると約31%小さい129Aである。このため電圧共振回路やソフトスイッチング回路に適しているという。

 第6.5世代のIGBTである。最大コレクター電流は連続時に40A。入力容量は2700pF(標準値)。出力容量は42pF(標準値)。帰還容量は35pF(標準値)。ゲートの入力電荷量は185nC(標準値)である。ターンオン時のスイッチング時間は0.14μs(標準値)で、ターンオフ時は0.46μs(標準値)といずれも短い。すなわち高速なスイッチング動作を実現できる。ターンオフ時のスイッチング損失は0.28mJ(標準値)である。パッケージはTO-247。最大動作接合部温度は+175℃。すでに量産出荷を始めている。価格は明らかにしていない。