PR

 電通とデータアーティスト、チーム・トゥエルブ(Team Twelve)は2019年12月25日、サッカーの試合中に勝敗をリアルタイム映像から予測するシステム「AI11 (AI ELEVEN)」を開発し、サービスを開始したと発表した。

(発表資料から)
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 AI11は、Team Twelve独自のプレー評価ロジックを軸に過去の「EAFF E-1サッカー選手権」などの試合データ(約480試合)をディープラーニングで学習しており、ボールや選手の動きなどから勝敗を予測する。リアルタイムで勝敗予測を行い、試合と連動する形での観戦体験をテレビやインターネットを通じて提供できる。

 AI11は、「EAFF E-1サッカー選手権2019大会」(2019年12月10~18日開催)で試験的に実装され、韓国や中国などで放送されたテレビ中継で展開された。電通は今後、コンテンツ配信企業などを通じて様々な大会に同システムを導入し、サッカーの観戦体験価値のさらなる向上を目指す。