PR

 高知県を地盤とする四国銀行は2019年12月26日、システム障害が発生したと公表した。発生時間は午前11時1分ごろから午前11時35分ごろまでの30分強。全110店舗の窓口での取引や店外を含めたATMの取引が停止した。現在は復旧している。

システム障害の復旧を伝える四国銀行のWebサイト
システム障害の復旧を伝える四国銀行のWebサイト
(出所:四国銀行)
[画像のクリックで拡大表示]

 原因は、高知県南国市にある事務センターの一帯で停電が発生し、勘定系システムが停止したため。事務センターにはUPS(無停電電源装置)を配備していたが正常に作動せず、勘定系システムのほかATMを制御するサーバーなどが停止した。これにより、勘定系システムやATMに依存するすべての取引が停止した。

 その後、事務センター付近の停電が回復したことで、勘定系システムなど各種システムの電源を再投入し復旧させた。UPSが正常に作動しなかった原因や、システム停止で失われた取引データがないかについては現在、確認を急いでいる。

 四国銀行はNTTデータが主導する「地銀共同センター」に参加している。ただし、勘定系システムはNTTデータの地銀向けアプリケーションを利用して構築しているものの、運用は自行の事務センターで実施している。