PR

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とスバル、日本無線、日本アビオニクス、三菱電機、自律制御システム研究所は2019年12月16~24日、愛知県の豊川市御津と田原市白浜を結ぶ三河湾の海上で、無人航空機の危険回避技術の実証試験を実施した。離島での無人航空機の運用を想定し、飛行中に故障や燃料切れ、悪天候を検知した場合、航空機が自動で経路を変更し、事前に設定した緊急着陸地点まで飛行する機能を試験した。

実証実験が行われた豊川市と田原市を結ぶ海域
実証実験が行われた豊川市と田原市を結ぶ海域
(資料:NEDO)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドローンなどの小型無人航空機や産業用ヘリコプターなどの中型無人航空機は、農業分野などですでに実用化されている。無人航空機は災害時の物資運搬や遭難者の捜索、物流インフラなどの用途でも期待されている。そのためには操縦者が目視できない状態の「目視外飛行」や、市街地の上空などを飛ぶ「第三者上空飛行」を実現しなければならない。

 目視外飛行や第三者上空飛行を実現するには、急な雨雲の接近、燃料残量の減少、故障の発生といった緊急時に、緊急着陸する地点の選択やそこまでの経路をドローン運航管理システムなどで地上から指示する必要がある。