PR

自分で判断してルート変更

 しかし、離島間の物流では通信インフラが整備されていないため、地上からの支援が受けられない場合が多い。そのため、無人航空機が自動で緊急事態に対応できる「自律的ダイナミック・リルーティング技術」が不可欠となる。この技術が実現すれば、離島間物流など、地上からの支援が受けられない状況でも無人航空機を安全に運用できるようになる。

自律的ダイナミック・リルーティング技術による飛行
自律的ダイナミック・リルーティング技術による飛行
(資料:NEDO)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証飛行試験では、準天頂衛星システムからの信号を受信する測位受信機を中型の無人航空機に搭載した。自律的ダイナミック・リルーティング技術では、故障や燃料残量が減少した時の自律的経路変更機能、悪天候時の自律的経路変更機能、準天頂衛星システムの高精度測位情報を用いて変更した経路を飛行する機能の三つを試験した。試験の結果、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行できたことを確認した。

 NEDOは物流やインフラ点検、災害対応などの分野で活用できる無人航空機を開発、安全システムの構築と飛行試験を実施するプロジェクトを進めている。その中で運航管理システムや自律的ダイナミック・リルーティング技術の開発、国際標準化活動に取り組んでいる。