PR

 竹書房は2020年1月7日、コンテンツ配信サービス(CDN)大手の米クラウドフレア(Cloudflare)に対して、著作権侵害ページの削除と損害賠償の支払いを求める訴訟を起こしたと発表した。2019年12月20日付で東京地方裁判所に受理された。

 竹書房によれば、同社のコミックを含む多数の著作物を違法にアップロードして無料で閲覧可能にしている違法サイトがあり、クラウドフレアが違法サイトにサーバーを提供している。竹書房はクラウドフレアに直接削除を求めてきたが対応されなかったため、提訴に至ったとしている。

 提訴に向けた証拠保全などで、法律関連サービスを提供する弁護士ドットコムの協力を受けたという。今後も同社と連携しながら著作権侵害に対応するとしている。