PR

 米Wi-Fi アライアンス(Wi-Fi Alliance)は、「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に6GHz帯(5.935G-7.125GHz)を追加した(ニュースリリース)。2.4GHz帯と5.0GHz帯を使うIEEE 802.11axをWi-Fi 6と呼んでいたのに対して(関連記事)、6GHz帯を追加したIEEE 802.11axは「Wi-Fi 6E」と呼ばれる。

6GHz帯のチャネル配置
6GHz帯のチャネル配置
出典は2019年3月に開催の「総務省MRA国際ワークショップ2019」におけるNTTの講演資料
[画像のクリックで拡大表示]

 6GHz帯は80MHz幅では14チャネル、160MHz幅では7チャネルとして使える。帯域追加で使えるチャネルが増えるため、IoTの普及に弾みが付くと、Wi-Fiアライアンスは説明する。例えば、AR/VRの利用や、遠隔診断/保守の実施が容易になるとしている。同アライアンスによれば、各国/地域の電波利用規制当局の承認が下り次第、Wi-Fi 6E対応機器が市場に登場するという。