米マイクロソフト(Microsoft)は2020年1月15日(現地時間)、同社が開発するWebブラウザー「Edge」の新版の正式提供を開始した。今回のバージョンから米グーグル(Google)のOSS(オープンソースソフトウエア)のWebブラウザー「Chromium」をベースにしたものとなった。

新しいEdgeのダウンロード画面
新しいEdgeのダウンロード画面
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2018年12月にEdgeの中核機能を、独自開発からChromiumに変更すると発表済み。今回の新版はこの発表を受けて開発された最初のバージョンとなる。新版の提供により、グーグルのWebブラウザー「Chrome」とEdgeは両方ともベースがChromiumとなった。

 Edgeの新版はマイクロソフトのWebサイトからダウンロードできる。WindowsとmacOSの両方のバージョンが用意されている。ダウンロードするとWindows 10のパソコン上にある古いEdgeを新しいEdgeに置き換える。新版からEdgeのロゴも変更となった。