PR

 中国アリババグループは2020年1月16日、都内でクリエイティブ活動の発表会を開き、東京五輪などの訪日客に向けて成田国際空港に「アリババクラウドギャラリー」を設置することを発表した(写真1)。

写真1●アリババグループが成田空港に「クラウドギャラリー」を設置(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●アリババグループが成田空港に「クラウドギャラリー」を設置(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

東京五輪のスポンサーとして日本のアーティストを支援

 アリババクラウドギャラリーは、成田空港第1・第2ターミナルからの入国時に利用する到着エリアにおいて、9つの通路の壁面デジタルスクリーンに日本人アーティストのデジタルアート作品を展示する。設置期間は2020年3月から2021年3月末までとなっている。

 発表会には、アリババグループ CMO(最高マーケティング責任者)の董本洪氏が登壇(写真2)。「東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた、初のクリエイティブキャンペーンを開始する。日本の若いアーティストがアリババクラウドを活用してデジタルアートを表現することを支援する」と語った。

写真2●アリババグループ CMOの董本洪(クリス・タン)氏
写真2●アリババグループ CMOの董本洪(クリス・タン)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アリババグループと五輪については、「オリンピックのワールドワイドパートナーとして3周年を迎える。今後も組織委員会とのコラボを次々に展開し、五輪大会の効率的な運営にクラウドを活用していく」(タン氏)とした。