PR

 ダイナミックプラスの平田英人代表取締役社長はビジネスを支えるITインフラの企画・設計・構築・運用をテーマにしたイベント「ITインフラSummit 2020」(主催:日経BP)の特別講演に登壇。日本国内におけるダイナミックプライシング(変動価格制)への取り組みについて講演した。

ダイナミックプラスの平田英人代表取締役社長
ダイナミックプラスの平田英人代表取締役社長
(撮影:中田実)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイナミックプライシングは商品やサービスの価格を一物一価とせず、需要動向を予測しながら価格を柔軟に変動させる仕組みを指す。ダイナミックプライシングは欧米で導入が進んでおり、米国では2017年内に「2000万枚のチケットがダイナミックプライシングによって販売された」(平田社長)という。

 2018年6月に設立したダイナミックプラスは、過去データと現在(日時)データなどを分析し、AI(人工知能)や機械学習を用いて価格を変動させるアルゴリズムを提供している。システムはAmazon Web Services(AWS)上に構築した。

アルゴリズムの概要
アルゴリズムの概要
(出所:ダイナミックプラス)
[画像のクリックで拡大表示]
システムの概略図
システムの概略図
(出所:ダイナミックプラス)
[画像のクリックで拡大表示]

 平田社長は「誤解されがちだが、ダイナミックプライシングは価格を上げる仕組みではない。収益を最大化するものだ」と説明する。2019年7月にプロ野球の試合で実施したABテストでは「約6割のチケットが通常価格より安く販売された」と話す。だが売り上げはダイナミックプライシングを導入していない試合と比べて「17.9%増加した」(同)とその効果を強調する。

 平田社長は「値付けが難しいチケットでダイナミックプライシングを実現できた。今後は鉄道業界やアパレル業界、小売業界にも展開したい」と今後の取り組みを説明し、講演を締めくくった。