PR

 ソニー銀行は2020年1月20日、勘定系を含む全システムで米アマゾン・ウェブ・サービスのパブリッククラウド「Amazon Web Services(AWS)」を利用可能とする方針に決めたことを明らかにした。同社はこれまで勘定系以外の融資審査システムや市場系システム、管理会計システムをAWSで稼働させている。勘定系システムにAWSを利用可能にする方針に決めたことで、次期勘定系システムの動作プラットフォームにAWSを採用する可能性が高まった。

 AWS日本法人のアマゾン ウェブ サービス ジャパンが同日都内で開いた記者会見で、ソニー銀行の福嶋達也執行役員は「財務会計以外の勘定系システムは単にインフラをAWSに移行するのではなく、マイクロサービスやコンテナの活用といったクラウドネーティブなアーキテクチャーに基づいて導入していきたい」と話した。勘定系アプリケーションについて、富士通の「FUJITSU Banking as a Service(FBaaS)」の採用を検討している。

ソニー銀行の福嶋達也執行役員(左)とアマゾン ウェブ サービス ジャパンの長崎忠雄社長(右)
ソニー銀行の福嶋達也執行役員(左)とアマゾン ウェブ サービス ジャパンの長崎忠雄社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]