PR

 アニメーション分野などで活躍する有名なクリエイターである河森正治氏が、世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」の「チーフクリエイティブ・オフィサー」に就任した。同パークにおいて、レーザーで推進するスペースシャトルなど、近未来の宇宙センターを表現するエリアなどのデザインを手掛ける。

 河森氏はこれまで「マクロス」シリーズや「アクエリオン」シリーズなどのアニメ作品を生み出し、それらの作品中で登場するメカなどのデザインも手掛けてきた。アニメ作品に加えて、ソニーのベット型ロボット旧「AIBO」(現行品は「aibo」)シリーズの「ERS-220」や、日産自動車のSUV(多目的スポーツ車)「デュアリス」のテレビCMに登場したパワードスーツなどをデザインしたことでも知られる。活動は多岐に渡っており、自身は「ビジョンクリエイター」を名乗っている(関連記事)。

 SMALL WORLDS TOKYOは、SMALL WORLDS(本社東京)が手掛ける東京・有明のテーマパークで、2020年4月25日にオープンする予定。河森氏は2020年1月1日付で同テーマパークのチーフクリエイティブ・オフィサーに就任。同年1月20日に製作現場で発表会を開催した。

発表会に臨んだ河森氏
発表会に臨んだ河森氏
(出所:SMALL WORLDS)
[画像のクリックで拡大表示]