PR

 東日本電信電話(NTT東日本)がeスポーツ分野の新会社NTTe-Sportsを2020年1月31日に設立する。同じNTTグループの西日本電信電話やエヌ・ティ・ティ・アド、NTTアーバンソリューションズに加えて、映像制作や配信を手がけるスカパーJSATやアミューズメント施設の運営を手がけるタイトーが出資する。NTTe-SportsはICT(情報通信技術)を活用したeスポーツに関する設備の構築や運用、選手や指導者の育成、イベント運営やそのコンサルタント事業などを手がける。

 近年eスポーツの市場は急速に拡大しており、海外市場は1000億円を突破した。日本市場も2017年は3億7000万円だった市場規模が2019年には59億7600万円になる見込みで、2022年には約100億円に達すると予測されている(図1)。

図1 eスポーツの市場規模の推移
図1 eスポーツの市場規模の推移
(写真:日経クロステックがNTT東日本のスライドを撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTT東日本は、2019年3月にeスポーツ分野で事業を開始、eスポーツのイベント会場やゲームセンターなどへの高速低遅延の通信サービスや、映像配信システムの提供、高校でのeスポーツ部の創部支援などを手がけてきた。ここに来て専業の新会社を設立することで、この取り組みを全国展開する。

 NTT東日本によると、イベント運営や試合のマッチング、動画コンテンツなどの配信を提供するeスポーツの総合プラットフォームを構築する予定だとする。人工知能(AI)による実況やハイライトの作成など、コンテンツを高付加価値化するサービスなども提供していく予定だ。

 NTT東日本のeスポーツ事業のキーマンで、NTTe-Sportsの取締役副社長に就任予定の影澤潤一氏によると事業規模は「5年で約40億円を見込む」という(図2)。

図2 NTTe-Sportsの代表取締役社長に就任予定の澁谷直樹氏(写真左)と同取締役副社長に就任予定の影澤潤一氏(写真右)
図2 NTTe-Sportsの代表取締役社長に就任予定の澁谷直樹氏(写真左)と同取締役副社長に就任予定の影澤潤一氏(写真右)
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]