PR

 SOMPOひまわり生命保険は2020年1月22日、認知機能低下リスクを早期発見し、認知機能の改善・維持を支援するスマートフォン向けアプリ「ニューロトラック 脳ケア」を開発したと発表した。1月30日に提供を始める。米ニューロトラック テクノロジーズ(Neurotrack Technologies)と共同で開発した。

認知機能低下リスクを早期発見し、認知機能の改善・維持を支援する
認知機能低下リスクを早期発見し、認知機能の改善・維持を支援する
(出所:SOMPOひまわり生命保険)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者がスマホのカメラで自身を撮影すると、アプリが目の動きを分析して認知機能の状態を把握する。具体的には画像確認テストを10分間実施し、撮影した動画から眼球の動きを独自のアルゴリズムで解析する。この他に、認知機能の低下に影響を与える生活習慣についての質問に回答する。これらの結果から、ユーザーに適した改善項目を提案して、改善を促す。

 ユーザーが自分の認知機能の現状を把握し定期的にテストを繰り返すことで、認知機能の低下にいち早く気づくことができる。さらにプログラムに沿ったアドバイスを日々の生活の中に取り入れれば、認知機能の改善を実感できるとする。継続して利用できるよう、関連会社のSOMPOヘルスサポートと共同で担当者によるサポートサービスを検討している。