PR

 VAIOは2020年1月23日、個人向けモバイルノートPC「VAIO SX14」と「VAIO SX12」の新モデルを発表した(写真1)。当日より受注を開始し、2020年1月31日に発売する。

写真1●VAIOが14型と12.5型のモバイルノートを刷新(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●VAIOが14型と12.5型のモバイルノートを刷新(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

第10世代Coreの性能をVAIO独自に引き出す

 新モデルは14.0型画面の「VAIO SX14」と、12.5型画面の「VAIO SX12」の2機種(写真2)。前機種からの違いは、CPU性能の向上やプレミアムカラーモデルの強化が主となっている。

写真2●VAIO SX12(左)とVAIO SX14(右)
写真2●VAIO SX12(左)とVAIO SX14(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 新モデルでは、CPUにインテル製の第10世代Coreプロセッサー(開発コード名:Comet Lake)を採用。14型の「VAIO SX14」、12.5型の「VAIO SX12」ともに最大で6コアの「Core i7-10710U」を搭載できる。VAIOのモバイルノートとしては初めての6コア採用となる。

 CPUのチューニングには独自の「VAIO TruePerformance」を用いた。具体的には、Cinebenchによるベンチマークスコアとして、一般的なCore i7-10710Uに対してチューニング後は36%性能が向上したという。

 こうしたパフォーマンス向上に加えて、「最大パフォーマンス時間の延長」にも挑戦したという。PC内部の基準電圧を従来のAC電源からバッテリーの電圧に変更することで、バッテリーの昇圧を待つことなく瞬間的な大電流に対応できるようにした。