PR

 フランス・ルノー(Renault)は2020年1月22日、欧州で32のパートナーと協力し、新しいプロジェクト「INCIT-EV」を立ち上げたと発表した。欧州各国で次世代の充電技術の実証試験などを行い、電気自動車(EV)の普及促進を目指す計画である。走行中の非接触充電や、インフラと統合した充電サービスなど、実際の道路で実験する必要がある先進充電技術を研究する。ユーザー・オリエンテッドな都市型充電設備や長距離充電ソリューションを提供して、大規模にデモンストレーションする予定だという。

(出所:Renault)
(出所:Renault)

 プロジェクトの期間は、2020年1月から2023年12月までの48カ月間。第1段階では、ユーザーの需要と要望の分析に続き、2020年4月から充電技術とインフラの統合について調査する。第2段階は2022年後半からプロジェクトが終わるまでで、欧州の7カ所の地域で実証試験を行う。現在、決まっている試験は次の6カ所。

  • 1. フランス・パリ:都市環境向けの動的誘導充電システム
  • 2. エストニア・タリンの郊外:高電圧充電システム
  • 3. オランダ・アムステルダムとユトレヒト:双方向のスマート充電の最適化
  • 4. フランス・ベルサイユ:中・長距離エリアでの動的誘導充電システム
  • 5. イタリア・トリノの郊外:カーシェア用車両の駐車場での充電ハブ
  • 6. スペイン・サラゴサの空港と中央駅:低電圧双方向充電(2輪車を含む)およびタクシーレーンでの動的充電

 このプロジェクトは欧州連合(EU)の研究および革新的技術の開発を促進するプログラム「Horizon 2020」から資金提供を受ける。ルノーは、欧州委員会(EC)の新しいプロジェクトへの呼びかけに応えるかたちで、電動モビリティーのエコシステムを構築するためのコンソーシアムを設立したという。

 コンソーシアムは8カ国(エストニア、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スロベニア、スペイン、トルコ)に渡る33の企業、自治体、大学、研究機関、スタートアップで構成され、ルノーは立ち上げ企業としてECとパートナー間の仲介役を務め、予算やスケジュールなどを監督する。