PR

 ネット型リユース事業を手がけるマーケットエンタープライズ(東京・中央)は2020年1月28日、2019年第4四半期(10~12月、4Q)における中古スマホ端末(iPhone、Androidスマホ)の取引数ランキングを発表した。同ランキングは、中古スマホ端末取引の大手4市場(ヤフオク!、メルカリ、ムスビー、ラクマ)の動向を分析した結果である。

iPhone 7/8が上位寡占

 中古iPhone市場のトップは「iPhone 7(ソフトバンク)」。以下、6位までをiPhone 7と「iPhone 8」が占めた。7位と9位には「iPhone 6s」が入り、「iPhone X」や「iPhone XS」シリーズはトップ10のランク外である。同社によれば、2017年発売のiPhone Xは1年で販売中止となり市場流通量が少なく、2018年発売のiPhone XSシリーズに比べるとiPhone 7/8はサイズが小さくホームボタンがあり、価格が安価であることが好評の理由という。

2019年第4四半期(10~12月)の中古iPhoneランキング
2019年第4四半期(10~12月)の中古iPhoneランキング
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 同社中古モバイル市場アナリストの菅野辰則氏は「2019年10月に改正された電気通信事業法の影響が大きかった」と話す。具体的には完全分離プランの義務化による端末割引の制限だ。「高価格(ハイエンド)端末であるiPhoneは微増ながら中古取引数量が約5.4%上昇した。これは端末代金の割引が上限2万円に設定されたことにより、新品のiPhoneに機種変更する動きが鈍ったことが原因」(菅野アナリスト)と分析する。