PR

 茨城県境町は2020年1月27日、公道を使った自動運転バスの定期運転を2020年4月をメドに始めると発表した。町内の公共施設や医療機関、商店などを結ぶ。自治体による自動運転バスの実用化は境町が最初とみられる。

自動運転バス「ARMA(アルマ)」の前で記念撮影に望む茨城県境町の橋本正裕町長(中央)ら
自動運転バス「ARMA(アルマ)」の前で記念撮影に望む茨城県境町の橋本正裕町長(中央)ら
[画像のクリックで拡大表示]

 境町は初期費用と5年間の運行費用として、合計約5億2000万円の予算を確保した。仏ナビヤ(Navya)の電動自動運転バス「ARMA(アルマ)」3台を町費で購入する。電子機器商社のマクニカと自動運転バスベンチャーのSBドライブが協力する。

 自動運転バスの定員は11人で、時速20キロメートル程度で1日4往復の定期運行をする。詳細な運行ルートや時刻は今後詰めるが、隣の千葉県野田市との境界に近い「河岸の駅さかい」から境町中心部を経由して「勤労青少年ホーム」に向かう片道2.5キロメートルを軸に検討している。住民は無料で乗車できる。

 境町は茨城県西部にある人口約2万4000人の町で、鉄道は通っていない。路線バスやタクシーも運転手不足から運行数が減り、高齢者や学生の足の確保が課題になっていた。橋本正裕町長は「近隣の自治体には有人のスクールバスを導入しているところもあるが、億単位の費用がかかるうえ運転士確保も大変。自動運転バスは町の公共交通にとって必要な投資であり、町議会も全会一致で同意してくれた」と説明した。