茨城県境町が公道を使った自動運転バスの初の実用化、5億円かけて鉄道空白地を埋める

自動運転バス「ARMA(アルマ)」の前で記念撮影に望む茨城県境町の橋本正裕町長(中央)ら
自動運転バス「ARMA(アルマ)」の前で記念撮影に望む茨城県境町の橋本正裕町長(中央)ら

カーソルキー(←/→)でも操作できます