PR

 KDDIと渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会は2020年1月24日、5G(第5世代移動通信システム)を活用する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を開始すると発表した。東急やパルコ、ベイクルーズなどの32団体が参加する。渋谷区が推進する「創造文化都市事業」に貢献する。主にアートや音楽、ファッションなどのエンターテインメント分野において、文化的な取り組みを実施していく計画だ。

 記者発表会に登壇した渋谷区の長谷部健区長は、同プロジェクトへの期待について次のように語った。「東京オリンピック・パラリンピック競技大会や明治神宮鎮座百年など、2020年は渋谷区にとって大きなイベントが催される年。訪日外国人も含めて多くの来訪者を渋谷は迎える。今回の取り組みによりオープンイノベーションを促し、街として新たな価値や文化を発信していきたい」。

渋谷区の長谷部健区長
渋谷区の長谷部健区長
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIビジネスアグリゲーション本部の繁田光平アグリゲーション推進部長は「渋谷区が掲げる20年後のビジョン(渋谷区基本構想)の中で『渋谷区すべてを、エキシビションと考える』に最も共感してプロジェクトを組織した。『リアルの世界をデジタル化する』という当社の5G推進方針に趣旨も近い」と話す。

KDDIビジネスアグリゲーション本部の繁田光平アグリゲーション推進部長
KDDIビジネスアグリゲーション本部の繁田光平アグリゲーション推進部長
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトの発表と合わせ、KDDIらは2020年1月24日~25日、渋谷駅ハチ公前広場に5G可搬型基地局を設置し、5Gの体験イベントを実施した。スマートフォンを渋谷の街並みに向けると、1964年当時のハチ公像など古い街並みのAR(拡張現実)画像が表示されるという内容だ。このほか同社らは、同広場に設置されている東急電鉄の旧車両を使った観光案内所「青ガエル」で1月24日~3月31日、AI(人工知能)やARを活用した実証実験を行う。

渋谷のスクランブル交差点方面の1964年当時の再現画像が、5G対応のスマートフォンに表示された様子
渋谷のスクランブル交差点方面の1964年当時の再現画像が、5G対応のスマートフォンに表示された様子
[画像のクリックで拡大表示]