PR

 日立製作所は2020年1月28日、パブリッククラウドと高速通信が可能な「ストレージボリューム提供サービス on Equinix IBX」を同年1月31日に販売開始すると発表した。エクイニクス・ジャパンの東京などのデータセンター(DC)に日立製のストレージを設置し、容量に応じた月額課金でユーザーに貸し出す。エクイニクスのインターコネクション(相互接続)機能により、ストレージとパブリッククラウドAmazon Web Services(AWS)との間を高速に結ぶ。将来はMicrosoft AzureやGoogle Cloud Platform(GCP)などを接続先に加えたマルチクラウド環境の提供を視野に入れる。

ストレージボリューム提供サービス on Equinix IBXの概要
ストレージボリューム提供サービス on Equinix IBXの概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「機密データを手元に置きながら、ニーズに応じて複数のクラウドを活用できる」。日立の森村知弘 ITプロダクツ統括本部 プロダクツサービス&ソリューション本部 グローバルサービス部 主任技師は新サービスのメリットをこう話す。エクイニクスのDC内の日立製ストレージとクラウド上のコンピュートノードでシステムを構成し、繁忙期にコンピュートノードのみを拡張する「クラウドバースティング」などをユーザーの用途として想定する。

 エクイニクスのDCにはAWSに専用線で接続するサービス「AWS Direct Connect」の接続ポイントがある。エクイニクスのDC内の日立製ストレージはこれに直結する構成を取る。そのため「AWS上のアプリケーションなどからアクセスしたとき、AWS上のストレージと遜色のないレイテンシー(遅延)の短さを実現できる」(森村主任技師)

 ストレージのデータをクラウドにバックアップしたり、コピーしたうえでクラウド上のデータウエアハウスやAI(人工知能)サービスで分析したりする使い方も可能だ。

 エクイニクス・ジャパンの矢萩陽一グローバルソリューションズアーキテクトは「サービス開始時は東京にあるデータセンターを使う。ユーザーは自社のデータがどのラックのストレージに収まっているかまで見学できる」と話す。エクイニクスの既存ユーザーにとっては、マネージドのストレージサービスが新たに加わった形である。