PR

 米ボルグワーナー(BorgWarner)は2020年1月23日、欧州のOEMから乗用車向けのモーター付きターボチャージャー「eTurbo」を受注したと発表した。eTurboの初めての連続供給契約で、2022年から量産を始める。今回の契約は乗用車向けだが、今後商用車でもeTurboの採用を期待しているという。

(写真:BolgWarner)
(写真:BolgWarner)
[画像のクリックで拡大表示]

 eTurboは、シャフトに直結したモーター兼ジェネレーターを備えた機械式ターボチャージャーで、電気モーターでコンプレッサーをアシストする。エンジンの過度応答性は200%以上で、エンジン低回転時のターボラグを抑えた。これにより低速トルクとトルクレスポンスが改善され、燃費も向上できる。

 また、モーターは発電機にもなるので、排気の過剰エネルギーを回収して発電し、車載電子機器の電源または電池の充電に使うことができる。これにより電池を小型化することも可能となる。また、エンジン背圧を意図的に高めて排出量を削減することで、オンデマンドでEGR(排ガス再循環装置)の駆動をアシストできるという。また、電気機能をオフにした場合は、通常のターボチャージャーとして機能する。