PR

 NTT東日本は2020年1月28日、同社とインフィックが神奈川県宅地建物取引業協会の協力の下で、小田原不動産が保有する物件においてIoT見守りセンサー「LASHIC(ラシク)」を用いた高齢者の見守りソリューションの実証実験を開始すると発表した。実証開始時期は2020年2月を予定する。

 一人暮らしの高齢者の各家庭に今回のセンサーを設置し、管理業者や管理人が適宜、室内の「温度」「湿度」「照度」「運動量」を確認できるようにする。室内で一定時間動きがなかった場合は、アラートがスマートフォンやパソコンに発報される。このため異常事態を早期に把握できるという。

高齢者見守りソリューションの実証実験のイメージ。室内で一定時間動きがない場合はアラートが発報される
高齢者見守りソリューションの実証実験のイメージ。室内で一定時間動きがない場合はアラートが発報される
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の検証では、家庭ごとに閾値を変更し、他種類のセンサーの必要性なども検証しつつ室内を見守る。これにより、異常事態を早期に把握できるかの検証を行う。