PR

 「リコーの最先端テクノロジーが、(神奈川県の取り組みと)どう結びついて発展していくのか楽しみにしている。認知症の新たな知見が見つかるかもしれない」(神奈川県の黒岩祐治知事)――。リコーと神奈川県は2020年1月29日、「医療及びヘルスケア分野における連携と協力に関する協定」を締結した。脳の活動状況を測定できる「脳磁計」をはじめとするリコーの技術を活用して認知症の前段階の早期発見や改善などに取り組み、健康寿命の延伸を目指す。

協定の締結を発表するリコーの山下良則社長執行役員CEO(左)と神奈川県の黒岩祐治知事
協定の締結を発表するリコーの山下良則社長執行役員CEO(左)と神奈川県の黒岩祐治知事
[画像のクリックで拡大表示]

 神奈川県は健康と病気の間の状態「未病」に注目しており、健康寿命を延ばすために「未病を改善する」取り組みを進めている。例えば薬や健康診断の結果、日々の体重や血圧、歩数、母子手帳の記録などの健康関連データを記録して管理するアプリ「マイME-BYOカルテ」などを提供している。

 一方のリコーは、脳磁計などを活用して脳・神経疾患の診断や早期発見、治療への貢献を目指している。神奈川県川崎市の「ライフイノベーションセンター」に入居するなど神奈川県に複数の拠点があることから、今回の連携につながった。リコーが自治体とヘルスケア分野で連携するのは初めて。具体的な活動はこれから詰める。

 リコーの源間信弘ヘルスケア事業本部長は、「神奈川県のアプリで管理する日々の健康関連データやリコーの脳磁計などで定期的に測定したデータから、未病との関係が導き出されるかもしれない」と、連携への期待を示した。