PR

 米GM(General Motors)は2020年1月27日、デトロイト・ハムトラック(Detroit-Hamtramck)生産拠点に22億ドルを投資し、ピックアップトラックやSUVといったライトトラック・カテゴリーの電気自動車(EV)を生産する工場に変えると発表した。同拠点は同社で初めてのEV専用組立工場となる。同社のライトトラックで最初のEVになるのは北米市場で人気のピックアップトラックで、2021年後半に生産を始める予定。

「今回の投資は、GMの‟オール・エレクトリック・フューチャー“というビジョンを実現する大きなステップになる」と語るMark Reuss GM社長
「今回の投資は、GMの‟オール・エレクトリック・フューチャー“というビジョンを実現する大きなステップになる」と語るMark Reuss GM社長
(写真:General Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 デトロイト・ハムトラック工場は現在900人が働いており、「Cadillac CT6」と「Chevrolet Impala」を1シフトで生産している。2月末から工場の改修を始めるため生産を一時停止する。電動化とは直接関係がない塗装工場や車体工場、一般的な組立エリアは、新しい機械やコンベアー、制御装置、ツールなどを入れてアップグレードする。新しいEV工場としてフル稼働した場合、2200人以上の雇用を創出すると見込まれる。

 GMはライトトラックのEVを発売するため、サプライヤーのツールやそのほかのプロジェクトに8億ドルを追加投資する。2018年秋からミシガン州にある拠点に合計25億ドルを投資してEVの市場投入を進めてきた。なお、GMがこのデトロイト・ハムトラック工場転換計画に着手した背景には、ミシガン州からEV推進について支援を受けたことがあるという。

 デトロイト・ハムトラック工場で生産する車両に搭載する電池のセルは、GMと韓国LG化学(LG Chem)の合弁会社が供給する。デトロイト・ハムトラック工場は、今後数年間で複数のライトトラックEVの生産を始める予定だ。