日本交通ホールディングス(HD)とディー・エヌ・エー(DeNA)は2020年2月4日、両社が持つタクシー配車アプリ事業を統合すると発表した。2020年4月1日付で日本交通HD子会社のJapanTaxiに、DeNAのアプリ事業「MOV」を継承させる予定である。

日本交通ホールディングスの川鍋一朗社長(左)とディー・エヌ・エーの中島宏常務執行役員オートモーティブ事業本部長
日本交通ホールディングスの川鍋一朗社長(左)とディー・エヌ・エーの中島宏常務執行役員オートモーティブ事業本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 JapanTaxiは社名を変更する予定で、日本交通HDとDeNAはJapanTaxiにそれぞれ38.17%を出資する共同筆頭株主となり、4月1日に対等の立場で事業統合する。これにより、国内タクシー約22万台のうち、半数近い約10万台をカバーする。同業のUber JapanやDiDiモビリティジャパンなどをしのぐ勢力になる見込みだ。

 日本交通HDの川鍋一朗社長は「JapanTaxiとしてタクシー配車アプリを4年以上やってきたが、経営者としての力量不足もあり、思ったように事業が進まない」と話した。そのうえで「スピードを上げるためにも、マーケティング力や技術力を持つMOVと組むことにした」と提携の理由を述べた。

 DeNAの中島宏常務執行役員オートモーティブ事業本部長は「統合によって得た事業規模を生かして、配車アプリの利便性を高めつつ、相乗りタクシーや時間帯によって料金が変動するダイナミックプライシングなど、ITの力を生かしたサービスの実現を目指す」と抱負を述べた。社名変更後のJapanTaxiの会長には川鍋社長が、社長には中島常務執行役員がそれぞれ就任する予定である。