PR

 欧州SAPは2020年2月4日(現地時間)、ERP(統合基幹業務システム)パッケージ「SAP ERP 6.0」のメインストリームサポートを「2027年末まで提供する」と発表した。これまでSAPはサポートの提供期間を「2025年」としており、2年間延長した格好だ。加えてオプションとなる延長保守サービスは「2030年末まで提供する」と明らかにした。

 2027年末までのサポートの対象となるのは、業務パッケージ群「SAP Business Suite 7」に含まれる製品。SAP ERP 6.0に加え、CRM(顧客関係管理)やSCM(サプライチェーン管理)、SAP Business Suite powered by SAP HANAなどだ。またSAP ERPの後継製品である「S/4HANA」はサポートを「2040年まで」提供すると発表した。

 今回の一連の発表についてSAPのクリスチャン・クライン共同CEO(最高経営責任者)は、「顧客に対するアンケートの結果や選択肢を求める顧客の声を受けた結果」とのコメントを発表。「S/4HANAがもたらす画期的なチャンスを存分に生かしてもらうため、顧客個々のペースとプロジェクトの複雑さを考慮したより柔軟な選択肢を提供する」としている。

 日本には2000社以上のSAP ERPユーザーがいる。SAPのERPパッケージを導入できるコンサルタントの数にも限りがあることから、2025年のメインストリームサポート終了にともなう基幹系システムの刷新が多くのユーザー企業の課題となり「2025年問題」とも呼ばれていた。