PR

 半導体や電子部品のインターネット販売を手掛ける米Mouser Electronics(以下、Mouser)の日本法人、マウザー・ジャパンは2020年2月4日、東京都内で記者会見を開催し、2019年度の事業総括と2020年度の見通しを語った。

勝田治氏
勝田治氏
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 登壇したMouser 本社副社長 兼 日本総責任者の勝田治氏によると、創業から2018年まで右肩上がりの成長を続けてきたMouser Electronicsだが、2019年のグローバル売上高はほぼ横ばいに落ち着いた。地域別では、前年比で米国は約4%増、欧州は約4%減、アジアは約9%減となり、グローバル全体としては1%程度の減収となった。一方で新規顧客は増加を続けており、「新規顧客が増えれば、売り上げも上がると言われている。2020年は売り上げも回復するだろう」(勝田氏)と前向きだ。

グローバル売上高の推移。
グローバル売上高の推移。
Customer Countは購入者数を示す(出所:マウザー・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 顧客別の売上高は過去5年間、増加を続けているという。今回、唯一減少に転じたのが、大手EMS(電子機器の受託製造サービス)。2018年に半導体業界で起こった世界的な品不足の際に売上が急伸したものの、その後の景気減退から売上が減少した。これが全体の伸び悩みにもつながったとする。

顧客別グローバル売上の推移。Lg EMS(大手EMS)の減少が大きい
顧客別グローバル売上の推移。Lg EMS(大手EMS)の減少が大きい
(出所:マウザー・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 マウザー・ジャパンの2019年売上高は9.5%増となり、4年連続のプラス成長を達成した。アジア地域の売上が減少する中で日本がプラスとなった理由は、「中小企業の顧客が多く、大手企業に比べて景気のアップダウンに影響されにくい。新規設計は景気に関係なく続くし、知名度が上がってきたことも顧客獲得につながった。EMSの影響も日本はほぼない」と勝田氏。展示会への出展と各種キャンペーンや、マクニカとのコラボレーションも成果につながっているという。(関連記事1

マウザー・ジャパンの売上高と顧客数の推移
マウザー・ジャパンの売上高と顧客数の推移
(出所:マウザー・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年秋ごろから、いわゆるバイセル取引を始めたこともプラス材料だったとする。これまで米国から直接購入していた日本の顧客は、マウザー・ジャパンを1度経由させることで日本の銀行での支払いが可能になった。これにより、より身近で使いやすくなったことが顧客の増加につながったと分析している。

 2017年から2年連続で50%超の急成長を見せたマウザー・ジャパン。2019年の会見では「これまでほどの成長は見込めない」としながらも、2桁成長への意欲を見せていた(関連記事2)。わずかに届かなかった要因について、大手部品メーカーの販売代理店契約が影響していることを匂わせたものの明言を避けた。2020年も引き続き展示会への出展を積極的に行いながら、関西および中部地方での知名度向上と自動車関連部品の販売を強化する。