PR
無料セミナー
接触確認アプリ、本当に使う?~公益のための個人データ活用とは 6/8 18時

 メルコホールディングス傘下の投資会社であるメルコインベストメンツは2020年2月7日、組み合わせ最適化問題を高速に解く仕組みとして富士通が開発した「デジタルアニーラ」を採用したと発表した。リスクの少ない投資先の組み合わせ(ポートフォリオ)の生成に成功しており、2020年1月初旬から、金融資産の実運用業務の一部で活用しているという。

富士通の「デジタルアニーラ」専用プロセッサー
富士通の「デジタルアニーラ」専用プロセッサー
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 資産運用業務ではリスクが少なくリターンを求めやすい最適な株式の組み合わせを決める必要がある。従来の計算法は多数の株式銘柄の絞り込み計算には適しておらず、100銘柄でも10の29乗という膨大な計算量になる。計算にも時間がかかるため、実用化が難しいとされてきた。

 「デジタルアニーラ」は量子の物理的な振る舞いに着想を得たコンピューターアーキテクチャーで、組み合わせ最適化問題を高速で解くことに特化している。メルコインベストメンツは、富士通が提供する第2世代デジタルアニーラのクラウドサービスを活用。これまでより多くの銘柄の組み合わせの中から安定収益を生みやすい最適解を探索できるようになったという。