PR

 日立製作所は2020年2月10日、ベトナムで消費者金融を手掛けるベトクレジット・ファイナンス・カンパニー(VietCredit Finance Company)と組み、AI(人工知能)を活用した新たな金融サービスの実証実験を始めると発表した。将来的にローンの申込受付から本人確認、審査、契約までの一連の事務を電子化するサービスの実現を目指す。

ベトナムでの調印式の様子
ベトナムでの調印式の様子
(写真提供:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立が住信SBIネット銀行と開発した「説明可能なAI」をローン審査に活用する実証実験を始める。ベトクレジットの一部店舗にタブレット端末を導入し、個人向けローンの申込受付や契約が手軽にできるサービスの実証実験も併せて展開する。日立によると、タブレットを使ってローンの申込受付から契約まで完結できるサービスはベトナムで初めてという。

 ベトナムでは、個人向けローンの取引量拡大に伴い、過剰な貸し出しを未然に防ぐための審査システムが求められていた。日立とベトクレジットは実証実験により、ローン審査の精度を高めたり、審査時間を短縮したりすることを狙う。今後はベトクレジットの店舗だけでなく、オフィスビルや工業団地などにタブレットの設置場所を順次広げる。