PR

 韓国サムスン電子(Samsung Electronics)は2020年2月11日(現地時間)、米サンフランシスコにて開催した新製品発表会で、有機ELディスプレーを備えた折り畳みスマートフォンの新型機「Galaxy Z Flip」を発表した(発表資料)。同年2月14日に1380米ドルで発売する。2019年9月に発売した折り畳みスマホ「Galaxy Fold」の価格は1980米ドルだった。

折り畳みスマホの新型「Galaxy Z Flip」
折り畳みスマホの新型「Galaxy Z Flip」
2020年2月14日に1380米ドルで発売する。スライドはサムスン電子。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
発表会後の体験会で展示された「Galaxy Z Flip」
発表会後の体験会で展示された「Galaxy Z Flip」
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 Foldでは横開き、すなわちディスプレーの長辺側がヒンジとなって折り畳んだり、開いたりする仕様になっていた。Z Flipは、縦開きである。サムスン電子は、2019年10月の開発者イベント「Samsung Developer Conference 2019」で、縦開き型を開発中だと明らかにしていた。それを正式に製品化したかたちである。

 Foldは、レビュー端末のヒンジ部分などで不具合が続出したことから、発売が延期になったというサムスン電子にとって「苦い経験」がある。そのためか発表会では、高い屈曲特性とヒンジ部分の改良点をアピールしていた。例えば屈曲耐性に優れた薄型ガラスを採用。20万回の屈曲にも耐えられるという。この回数は、Foldと同等である。

屈曲耐性に優れた薄型ガラスを採用
屈曲耐性に優れた薄型ガラスを採用
スライドはサムスン電子。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ヒンジ内部にはブラシがある
ヒンジ内部にはブラシがある
スライドはサムスン電子。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヒンジ内部には、ブラシを搭載。例えば、外部から粒子が入り込むのを防止する役目がある。ブラシを内蔵したスマートフォンは、恐らく業界初であろう。なお、本体は防水仕様ではないという。

ヒンジの背面側
ヒンジの背面側
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ヒンジの側面側
ヒンジの側面側
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]