PR

 韓国サムスン電子は2020年2月11日(現地時間)、米サンフランシスコで新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2020」を開き、スマートフォンの新製品を発表した。

 発表したのは縦型折りたたみスマホの「Galaxy Z Flip」と、フラグシップモデル「Galaxy S20」シリーズ。2020年3月6日より、世界各国に展開する。

縦型折りたたみ「Galaxy Z Flip」、日本ではKDDIが発売へ

 発表会の冒頭では、縦型折りたたみスマートフォンとして「Galaxy Z Flip」を発表した(写真1)。2019年に発表した「Galaxy Fold」に続くフォルダブル端末と位置付ける。

写真1●Galaxy Z Flip
写真1●Galaxy Z Flip
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 縦長の6.7型有機ELディスプレーを2つに折りたたむことで、コンパクトに持ち運べることが特徴になる。外側には1.1型のカバーディスプレーを搭載し、通知などを表示できる(写真2)。

写真2●小型のカバーディスプレーを搭載
写真2●小型のカバーディスプレーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 画面を任意の角度まで開き、卓上に置いて使うこともできる。ステージでは「手のひら」のジェスチャーを用いることで、端末に触れずにハンズフリーで自撮りができることを示した(写真3)。

写真3●ハンズフリーで自撮りができる
写真3●ハンズフリーで自撮りができる
[画像のクリックで拡大表示]