PR

 米アメテック(Ametek)は2020年2月10日、使用済み電池の残留充電能力を評価するグレーディングを、高速に実行する装置を開発したと発表した。

 電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)で使われた電池は、車載用途としては寿命になったとしても、SoC(残容量)が高い電池に関しては他の用途でリユース(再利用)することが可能である。そのためには使用済み電池の残留充電能力を測定してリユース、リサイクル、廃棄のいずれに適しているのかを正確に評価することが重要になる。

(写真:Ametek)
(写真:Ametek)
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも、PHEVは中国を中心とするアジアや欧州でそれぞれ100万台以上が登録されており、今後、大量の使用済み電池が発生すると予想される。このとき、グレーディングにかかる時間を短縮することができれば、多くの電池を低コストでリユースできるようになる。

 新たなグレーディング手法は、Ametekと日産自動車、英国Warwick大学の研究・教育機関であるWarwick Manufacturing Group(WMG)、それに英国のコンサルタント会社、エレメントエナジー(Element Energy)が共同で開発した。EVやPHEVの電池モジュールのグレーディングを、従来の3時間から3分に高速化できるという。

 現在、電池リユース向けのパイロットラインで、電池モジュールをグレーディングする新しい工程を試験運行している。日産は電池パックと電池モジュールの両方のグレーディングにより、欧州で組み立てた電池パックの大部分をリユースできるようになると期待している。

 Ametek の電池分析装置「SI-9300R」に、短時間でSOH(states of health:電池の劣化状態)を推定するアルゴリズムを搭載した。この分析装置には、グレーディング時間を短縮してコストを削減するだけでなく、電池の化成工程を改善する技術の開発や電池寿命の調査、フリートテスト時の電池管理・監視技術の開発など、様々な分析機能が標準搭載されている。五つの独立した測定チャネルを搭載し、19インチラックに最大8個のモジュール(最大40測定チャネル)を搭載できる。エネルギー回生技術で機器の冷却に必要な電力を削減し、設置スペースも大幅に削減した。これにより単位面積当たりのテストチャネル密度が最大4倍向上し、電力消費は最大90%削減できるという。