PR

 富士通は2020年2月18日、国内初となるローカル5Gの無線局予備免許を総務省 関東総合通信局から同日に付与されたと発表した。

 これを受けて富士通は、ローカル5Gの電波を発する無線局を富士通新川崎テクノロジースクエア(川崎市)に設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証を進める。今春には、同拠点内に同社の顧客やパートナー企業とローカル5Gを活用したユースケースを実証する場として、「FUJITSU コラボレーションラボ」を開設する予定。

 富士通は、自社の他の事業所や工場およびグループ会社においても、順次、ローカル5Gの免許を申請する。製造業など様々な業種の顧客の業務革新に向けて、ローカル5Gのネットワーク構築および最適な活用を支援していく。