PR

 スカパーJSATホールディングスは2020年2月19日、子会社であるスカパーJSATの通信衛星「JCSAT-17」の打ち上げに成功したと発表した。

 JCSAT-17は、日本時間の2月19日午前7時18分にギアナ・スペース・センターから仏Ariane SpaceのAriane-5ECAロケットによって打ち上げられ、午前7時45分にロケットから分離された。今後、静止軌道上での性能確認試験を経て、運用を開始する予定。

 同衛星は、Sバンド/Cバンド/Kuバンドのトランスポンダ(電波中継器)を搭載し、衛星通信サービスを提供する。このうちSバンドとCバンドのトラポンは、NTTドコモがIRU契約(関係当事者の合意がない限り破棄又は終了させることができない長期安定的な使用権契約)の下で、日本および周辺海域向けの移動体通信用として長期利用する。

 スカパーJSATは、2018年度から2019年度にかけて順次打ち上げたJCSAT-17を含む3機の新規衛星によって、拡大傾向にあるブロードバンドサービスのニーズを満たし、営業収益の増加を目指す。これらの新規衛星による2020年度の営業収益を100億円と見込んでいる。