PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 ソラコムは2020年2月21日、米アップルのスマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」向けに、eSIMを使った海外用データ通信サービス「Soracom Mobile」を提供すると発表した。同社がパートナー企業などを介さず、一般消費者向けサービスを直接手掛けるのは今回が初めて。

 サービスメニューは「ヨーロッパプラン」「北米プラン」「オセアニアプラン」に分かれており、合計42カ国でデータ通信サービスを利用可能。音声通話とSMS、日本での利用はできない。料金はいずれも30日分で、ヨーロッパプランは1ギガバイトで6.99米ドルから、北米プランとオセアニアプランは1ギガバイトで12.99米ドルから。対応端末はeSIMに対応するiPhone/iPad。

 同サービスの特徴として玉川憲社長は「eSIMの購入と設定時に端末の設定画面に移る必要がなく、専用アプリ内で一連の操作が完結する。同様の使い勝手は競合他社でも数社しか実現していない。当社にとってもSIMカードの発行や送付の費用が不要になるメリットがある」点を挙げている。

 ソラコムはBtoC事業を手掛ける顧客企業向けに通信サービスを提供する、いわゆるBtoBtoCモデルを展開している。その一方でソラコム自身もBtoC事業を展開する狙いについては「eSIM市場はまだ赤子のような段階。当社の顧客企業やパートナー企業がBtoCでeSIMを展開することを支援したいが、それだけでは市場が広がらないと考え、当社も展開することにした。自社でサービスを展開することで、BtoBtoC向けにどのようなサービス基盤を用意する必要があるかといったノウハウも蓄積できる」(玉川社長)とした。当面は大規模なプロモーションを展開せず、eSIMなどの知識を持つ消費者向けに絞って事業展開する。