PR

 東京都と東京大学、NTT東日本は2020年2月21日、地域限定の第5世代移動通信システム(5G)回線網であるローカル5Gの環境整備や活用に向けた連携協定を締結した。

連携協定の締結式に登壇したNTT東日本の井上福造社長(左)、東京都の小池百合子知事(中央)、東京大学の五神真総長(右)
連携協定の締結式に登壇したNTT東日本の井上福造社長(左)、東京都の小池百合子知事(中央)、東京大学の五神真総長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 3法人の研究開発部門がローカル5Gの活用に向けた研究や検証を実施したり、ノウハウを共有したりする。具体的には、東京都は主に都内の中小企業に対して5G関連の技術・製品の開発を支援したり、開発された試作品を性能評価したりする。東京大学は5G関連の基礎技術の研究などを、NTT東日本は通信インフラの技術検証やローカル5Gの用途の検討などを、それぞれ実施する。

 連携協定の締結式に登壇した東京都の小池百合子知事は「ローカル5Gは(東京都のスマートシティー構想である)スマート東京の実現を目指す東京都にとって不可欠なインフラだ。ローカル5Gの普及を進めることで産業の競争力や生産性が飛躍的に高まり、イノベーションが生まれることも期待している」とあいさつした。