PR

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2020年2月24日、初の5G対応スマートフォン「Xperia 1 II」などの新製品を発表した。2020年春以降、日本を含む国や地域で順次発売する。

 当初は「MWC Barcelona 2020」で発表会を開く予定だったが新型コロナウイルスの影響でMWCが中止になったため、YouTubeチャンネルに録画した動画を公開する形で発表した。報道関係者向けにはグローバル向けの実機を公開した。

カメラやオーディオ、ゲーム性能を強化した5Gスマホ「Xperia 1 II」

 Xperiaシリーズとして初めて5G(Sub6)に対応したフラグシップスマートフォン「Xperia 1 II(エクスペリア・ワン・マークツー)」を発表した(写真1)。2019年に発売した「Xperia 1」に続く第2世代モデルだ。

写真1●Xperia 1 II
写真1●Xperia 1 II
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 6.5型で縦横比21対9と、特徴的な縦長比率の4K有機ELディスプレーを搭載する。映画、音楽、モバイルゲームの愛好家や写真家の利用を想定。ソニーの技術を結集したモデルと位置付けている。

 リアカメラは焦点距離35mm換算で16mmの超広角、24mmの広角、70mmの望遠の3眼に加え、深度測定用のiToFセンサーを搭載する(写真2)。レンズには独カール・ツァイス(ZEISS)との協業により、「T*コーティング」を採用。ゴーストやフレアを低減し、クリアな描写が可能とした。

写真2●Xperia 1 IIのリアカメラ
写真2●Xperia 1 IIのリアカメラ
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラの新機能として、ソニーのデジタル一眼カメラ「α」シリーズで培った最高毎秒20コマの高速連写と、毎秒60回のAF/AE演算をスマホで実現(写真3)した。動いている被写体に向けて連写してもAFが追従する「コンティニュアスAF」機能を備える。マニュアル撮影ではαシリーズを模した「Photography Pro」も搭載した(写真4)。

写真3●最高毎秒20コマの高速連写が可能
写真3●最高毎秒20コマの高速連写が可能
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●αシリーズの使い勝手を再現した「Photography Pro」
写真4●αシリーズの使い勝手を再現した「Photography Pro」
[画像のクリックで拡大表示]