PR

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは2020年2月25日、Androidスマートフォンの新製品「moto g8 plus」を発表した(写真1)。2020年3月16日に発売する。

写真1●モトローラが「moto g8 plus」を発表
写真1●モトローラが「moto g8 plus」を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

moto gシリーズの出荷台数は累計1億台に

 製品発表に先立って開催した説明会には、代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏が登壇(写真2)。日本の業績は「4四半期連続で黒字だ。国内SIMフリー市場で2%のシェアを確保している」との数字を挙げた。

写真2●モトローラ・モビリティ・ジャパン 代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏
写真2●モトローラ・モビリティ・ジャパン 代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ミッドレンジの「moto g」シリーズは、2013年から世界全体で累計1億台を出荷したという。2019年モデルの「moto g7」は、「2019年10月の改正電気通信事業法の施行により分離プランが導入されたことで端末の価格が分かりやすくなり、売り上げを大きく伸ばした」(アダモポウロス氏)と振り返った。

 新製品のmoto g8 plusの詳細については、プロダクトマネージャーの島田日登美氏が説明した(写真3)。

写真3●モトローラ・モビリティ・ジャパン プロダクトマネージャーの島田日登美氏
写真3●モトローラ・モビリティ・ジャパン プロダクトマネージャーの島田日登美氏
[画像のクリックで拡大表示]

 moto g8 plusではカメラ機能を強化。リアカメラには4800万画素のメインカメラを中心に500万画素の深度センサー、1600万画素の広角カメラの3眼を採用した(写真4)。広角カメラは117度の超広角動画撮影ができるアクションカメラとしても利用できる(写真5)。

写真4●moto g8 plusのリアカメラ
写真4●moto g8 plusのリアカメラ
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●3眼カメラを採用
写真5●3眼カメラを採用
[画像のクリックで拡大表示]