PR

 千葉県いすみ市は新型コロナウイルスに関するオンライン医療相談への助成を2020年2月27日に開始する。

 新型コロナウイルスへの感染の疑いがある場合、パソコンやスマホから市内の協力医療機関に相談できる。相談は予約制で、オンライン医療相談を受けてクレジットカードで決済すると、領収書が郵送で自宅に届く。相談料金は2000円だが、いすみ市の住民が後日申請すると助成を受けられる。オンライン医療相談にはメドレーのオンライン診療アプリ「CLINICS」を活用する。

 現在国内では、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、感染拡大の防止が喫緊の課題となっている。国は感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診するのを避けることを求めている。今回のオンライン医療相談の助成も感染防止の取り組みの1つといえそうだ。