PR

 NTTデータは2020年2月27日、ASEAN事務局が推進するASEAN諸国の歴史的文化遺産をデジタル化する「ASEAN Cultural Heritage Digital Archive(ACHDA)」プロジェクトにおいて、同地域全体の文化遺産を集約するデジタルアーカイブシステムを構築したと発表した。

 同システムでは、貴重な文献などの画像・音声・動画データに加え、立体造形物の形状・色・質感を含む3Dデータの保全と公開を可能にした。NTTデータのデジタルアーカイブソリューション「AMLAD(アムラッド)」の機能拡充により実現した。文化遺産が災害や事故、経年劣化により失われることを防ぎ、長期的に保全できるという。

 第1フェーズとして、インドネシア、タイ、マレーシアの3カ国の文化遺産(約160点)のデジタル化を完了した。同社は2020年2月27日にアーカイブサイト「ACHDA」を公開し、インターネット上でこれらの文化遺産の閲覧を可能にした。

 今後第2フェーズとして、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスの文化遺産のデジタル化とアーカイブサイトでの公開を順次開始する見込み。将来的にはASEAN全10カ国への展開を目指す。