PR

 一般財団法人の道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)は2020年2月27日、複数の自動車・車載機メーカーが収集しているプローブ情報をビッグデータとして活用し、これまでより対象となる道路を拡充した交通情報をFM多重放送で配信する実証実験を、2020年4月から9月まで関東1都6県で実施すると発表した。

 この実証実験は、公益財団法人の日本道路交通情報センター(JARTIC)と共同で実施する。自動車・車載機メーカーとして、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、パイオニアが参加する。

 プローブ情報を活用した道路交通情報サービスとは、複数の自動車・車載機メーカーが走行中のクルマから収集しているプローブ情報をビッグデータとして活用し、道路に設置された感知器から生成している交通情報を補完・補強することで、より多くの道路の交通情報を配信しようというもの。プローブ情報を活用することで、感知器が設置されていない道路でも、通過している車両の移動速度を推測、渋滞を回避してより短時間で目的地に到着できるようになることが期待できるという。

 実証実験では複数の自動車・車載機メーカーからプローブ情報の提供を受け、感知器からの情報を補完・補強し、情報提供可能な道路を拡充する。プローブ情報を活用した道路交通情報サービスはFM多重放送で配信され、関東1都6県において、現行のVICS対応カーナビで利用できる。