リクルートライフスタイルが提供する決済サービス「Airペイ」で2020年2月26日に発生したシステム障害が3日目に突入した。リクルートライフスタイルは、原因が交通系電子マネーなどの処理を委託しているJR東日本メカトロニクスでの認証障害にあると公表した。2月28日午前11時時点でも「復旧の見込みは立っていない」(同社企画統括室 広報グループ)。

 Airペイは主要なクレジットカードや電子マネー、QRコード決済に対応した店舗向けの決済サービス。Airペイを利用する一部の加盟店で、交通系と「iD」「QUICPay」の電子マネーが決済できない状態が続いている。

 JR東日本メカトロニクスにはこれらの電子マネーの決済処理を委託している。「シンクライアントセンター」と呼ぶJR東日本メカトロニクスの処理センターで、一部店舗の決済端末を認証する処理に障害が発生しているという。リクルートライフスタイルでは、詳しい原因の特定や影響を受けている加盟店数などは調査中としている。