PR

 日立製作所は2020年2月28日、新型コロナウイルスへの対策として、小中高生ならびに特別支援学校に通う子どものいる従業員約1万人に対して、期間限定で在宅勤務を認めると発表した。日立は1999年から在宅勤務制度を導入しているが、新型コロナの流行を受けて対象を広げる。

 2020年3月2日から同3月31日まで期間限定で認める。日立グループ各社も同様の取り組みを推進するという。従来通り利用回数に上限はなく、上司への事前相談だけで在宅勤務制度を使える。

 併せて日立はWebシステムなどを使ったオンラインの採用活動を今後始める。採用活動のスケジュールは変更しないが面接などはWeb上のツールを使うという。