PR

 Brushup(大阪市)は2020年3月2日、デザインレビューツール「Brushup」の有料プランについて90日間の無償提供を同年3月3日に始めると発表した。新型コロナウイルスの影響による企業のテレワーク支援の一環としている。

Brushupの画面例
Brushupの画面例
(出所:Brushup)
[画像のクリックで拡大表示]

 BrushupはWebブラウザーでデジタル広告などの制作を管理するツールとして利用が広がり、導入企業は約5000社に達するという。遠隔地からも文書や画像、動画などの制作過程で直感的に共同作業を進められ、ファイルのダウンロードやメールのやりとりが不要だ。

 90日間の無償提供を受けるには、2020年4月3日午前0時までに申し込みサイトでプロモーションコード「telework」を入力し利用登録する。1アカウント月額1280円(税別)のスタンダードプラン10人分が無償利用できる。90日間経過後もデータは保存され、無料プランの機能を適用する。有料版への切り替えで同じアカウントを使える。