ソフトバンクは2020年3月5日、5Gの商用サービス「SoftBank 5G」を3月27日に始めると発表した。既存の料金プランとは別に月1000円(税別)の「5G基本料」を追加で支払い、対応端末を用いることで5Gのサービスを利用できる。8月31日までに加入すれば5G基本料が2年間無料となる「5G無料キャンペーン」を提供するが、スタート時点でデータ通信の「使い放題」は打ち出さなかった。

 5G対応スマホにはシャープ製の「AQUOS R5G」、中国ZTE製の「ZTE Axon 10 Pro 5G」、韓国LGエレクトロニクス製の「LG V60 ThinQ 5G」、中国OPPO製の「OPPO Reno3 5G」の4機種を用意した。3月27日以降、順次発売する。ソフトバンクショップ(直営店)の販売価格はAQUOS R5Gが12万9600円、ZTE Axon 10 Pro 5Gが8万9280円(どちらも3月27日発売予定)となっており、新しい販売プログラム「トクするサポート+」を適用できる。

 スポーツやエンターテインメント分野を中心とした新しいコンテンツ配信サービス「5G LAB」も3月27日に始める。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、多視点映像などを活用したタイトル、クラウドゲームをそろえた。