PR

 楽天は2020年3月6日、EC(電子商取引)サイトの「楽天市場」で始める予定だった「送料込み」表示の新制度について、3月18日からの一律導入を見送ると発表した。準備が整った店舗から順次始めるが、一律導入の開始時期は現時点で決まっていない。

 店舗側は専用フォームから事前申請し、配送方法を設定すれば、送料込み表示の対象外にできる。一定の条件を満たした店舗を対象に、新制度の導入で目減りした利益額や送料の差額を楽天側が支援する「安心サポートプログラム」も提供する。

 記者会見した楽天CEO戦略・イノベーション室の川島辰吾氏は新制度の一律導入延期について「新型コロナウイルス感染拡大の影響が非常に大きい」とした。楽天の新制度を巡っては、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで、東京地方裁判所に対して緊急停止命令を申し立てている。